アイメック導入
アイメックトマト販売
6次産業化
その他の製品
コンサルティング実績
会社案内
アクセスマップ
島根県出雲市 農業参入支援事業 農援隊

 

 
■アイメックフィルム

メビオール鰍ェ開発した、特殊なフィルムです。医療分野に使われていた技術を農業用に転用し、野菜栽培の培地として使います。弊社はアイメックシステムの販売特約店です。メビオール鰍ヘ「アイメックフィルムを使った野菜栽培」について国内および海外で特許を取得しております。

 

■栽培技術

アイメックフィルムを使った栽培方法を、弊社独自にブラッシュアップし、より高収量・高品質・高採算性の栽培を可能としました。また、アイメックに関する初期導入から技術習得、販売まですべての分野で研修・支援が行える唯一の企業です。現在は採算性が最も高いミディトマトを中心に、より多収量・安定生産に関する技術向上を目指して、日々改良を重ねております。

 

■システムの特徴

・高付加価値な農産物を栽培できる

・圧倒的な高密度、周年栽培(7〜6月)により多収可能

・隔離ベッドにより連作障害は発生しない

・フィルムにより土壌病害は発生せず、農薬散布量が通常栽培の40%減

・排水が出ず、河川への負荷は発生しない

・水や電気、資材更新等に係るランニングコストが安い

・栽培開始可能レベルでの技術習得期間が圧倒的に短い

・定型的な作業が多く、障がい者の方や高齢者でも作業できる

・新規農業参入者でも取組めて、採算性が非常に高い

 

■アイメック栽培研究会(技術向上連携組織)

弊社で導入されたお客様方を対象とした、栽培技術や販路確保、経営形態に関する情報交換を行う場を提供しております。また、積極的にスマートアグリなどの異業種技術の導入を進めており、皆様で力を合わせて安定生産および栽培コストダウンを図っております。

 

導入を検討される方はこちらをごらんください

 

 

 

 

 
■高設栽培について

イチゴの土耕栽培は,長期間・長時間にわたり身体的疲労度の高い作業姿勢を強いられます。栽培作業の軽労化・省力化を図るため、イチゴの高設栽培装置をご提案しております。

 

■栽培システムの特徴

・栽培ベッドに培土を入れるだけで栽培が可能で、土作りや畝立てが不要

・自然な姿勢で作業でき、足腰への負担が軽減

・地面と隔離して栽培が可能であるため、土地の土壌条件を選ばない

・イチゴの果実が宙に浮いているため、衛生的で高品質な果実が生産可能

 

 

 

 




 

弊社にて、製品および栽培ハウスの見学をして頂けます。

 

見学をご希望の方はこちらより