アイメック導入
アイメックトマト販売
6次産業化
その他の製品
コンサルティング実績
会社案内
アクセスマップ
島根県出雲市 農業参入支援事業 農援隊

 

 

 

ごあいさつ

 

 近年、農外企業参入が急増し、様々なシステムで農業生産が行われるようになりました。新規事業としての農業で成功するには、消費者や農産物流通を十分リサーチした上で作目の選定を行い、高品質安定多収生産を実現するための技術力が重要となります。

 

 弊社では、新規に農業参入される企業や個人の方々に対し、円滑な事業展開ができるように、事業導入支援から技術習得、販路の確保まで一貫したサポートをさせていただくことを目的としておりますので、何なりと気軽にご相談ください。

 

 また、アイメック栽培システム、イチゴ高設栽培システムなどの展示ハウスを設置しておりますので、是非ご来社ください。

 

社 是

株_援隊は、人と技術の力で新たな価値を「創造」し、継続的に成長していくことで、顧客から信頼され、社会の発展と農業振興に貢献していきます。

 

社 訓

常に挑戦し、失敗を恐れず考えを新しくすることに努力し、自己の能力を最大限に発揮する。社業を通じ、社会へ貢献することに誇りと喜びを持ち誇り高い農業技術者集団として存在する。

           

 

社 名 株式会社 農援隊 (NOUENTAI CO., Ltd.)
組 織 総務部、企画開発部、栽培設備部
本社所在地




東京オフィス 

 島根県出雲市下古志町1650

 TEL:0853−25−7778(代表)

 FAX:0835−25−7776

 E−mail:info@agri-s.jp

 

 東京都大田区羽田旭町7番1号BICあさひ304号室

資本金 1000万円
設 立 2009年1月
代表者 代表取締役社長:小豆澤 斉(あずきざわ ひとし)
        農学博士
取引銀行

山陰合同銀行

中国銀行

広島銀行

主要連携先

経済産業省中国経済産業局

島根県農業技術センター

島根大学

山口大学

公財大田区産業振興協会

大阪中央青果株式会社

メビオール株式会社(早稲田大学ベンチャー企業)

沿革

2009年1月 合同会社 農援隊設立

2010年7月 株式会社へ組織変更